にしのほう伊藤内科クリニック

北名古屋市西之保中社にある「にしのほう伊藤内科クリニック」です。

クリニックからのお知らせ

『にしのほう伊藤内科クリニック』では、平成26年3月の開設以来、かぜ、胃腸炎などの急性疾患から、高血圧症、脂質異常症、糖尿病、肝疾患、胆道・膵疾患、呼吸器疾患、アレルギー疾患などの慢性疾患まで幅広くご対応申し上げています。これらの内科一般の病気はもちろんのこと、お子様からご高齢のかたまでの、小さなケガや、日常生活でお困りの身体に関するご相談ごとに可能な限りお応えしたいと考えております。例えば、肩こりや腰痛、あるいは皮膚の病気など、何でもお気軽にご相談ください。
また、超音波装置やレントゲン装置を用いた精密診断や、上部消化管に対する内視鏡検査も随時行っています。加えて、各種検診や予防接種、ニンニク注射、プラセンタ注射などの保険外診療も承っています。
常に、皆様に愛され、信頼されるクリニックとなるようスタッフ一同、精進いたしております。


クリニック便り

2019年7月

 じめじめした過ごしにくい日が続いています。先月ご紹介したホタルブクロが、どこに咲いているのかとお尋ねいただいたことがありましたが、夜だったのでおわかりいただけなかったようです。まだ、クリニック南側に咲いていますので、機会があればご覧いただきたく思います。

 今月ご紹介するのは、その近くに咲くサンクエールです(写真左)。扇状の花からファンフラワーとも呼ばれるスカエボラが品種改良されたものです。フランス語のサンク(5)とエール(羽)から名付けられ、まるで花束のように可愛らしく咲いています。

 写真右は、クリニッック南側に咲くハンゲショウ(半夏生)。半夏と言われる、1年の真ん中のちょうど今頃に、穂状の花を咲かせます。葉の一部が白くなるのが特徴的で、半分化粧をしたように見えるから、半化粧とも呼ばれます。こちらも風情がありますので、明るい時間帯に、是非ご覧ください。

 当欄をご訪問くださったかたから、ときどきお声がけいただけるのをとても嬉しく思っています。


2019年6月

 九州地方での梅雨入りとともに、6月を迎えました。クリニックの庭の装いも春から初夏への変化が始まり、季節の移り変わりをとても早く感じます。

 写真左は、クリニック南側に咲く、キキョウ科のホタルブクロ。釣り鐘状の花がぶら下がるように並んでいます。4年前に患者さんにいただいたもので、1年目は、わずか数輪だけでしたが、今年はたくさん咲きました。お好きなかたが多いようで、よくお声がけをいただきます。

 写真右は、同じく南側に咲く、キク科のエリゲロン。可愛らしい小さな花で、咲き始めは白いのですが、徐々にピンク色に変わります。今年植えたばかりですが、いつか心を癒すような白からピンクのグラデーションが広がってくれるのを期待しています。

 花で病気が治るわけではありませんが、来院される皆様に少しでも和んでいただけたらと思っています。


2019年5月

 特別な5月を迎えました。新しい時代、令和の幕あけとなる5月です。令和最初の今月は、クリニックの庭から2つの真っ白な花をご紹介します。

 写真左は、クリニック北側に咲くユリ科のアリウム・コワニー。ニラやネギの花と似た球根植物で、放射状に多数の花を咲かせます。朝一番の花弁が開く前は、より白さが際立ち、精悍な印象もあり私は好きです。

 写真右も、北側に咲くご存知チューリップ。こちらもユリ科の球根植物で、種類が多い中、選んで植えたのが、花弁の先が細く尖ったこのユリ咲き系の白です。幼少時に歌った「さいたさいた・・・どのはなみてもきれいだな」の歌詞の意味も、世界中で平和を願って育てられてきた花のようです。

 令和が平和な時代であることを願い、そして、それぞれの人生が、思い思いに彩られるように願い、純白な花で始まりとしました。


2019年4月

 プロ野球が開幕し、桜も見頃となり、新元号の発表とともに4月を迎えました。クリニックの庭も草花たちによって春の装いです。

 写真左は、白とピンクのオステオスペルマム。一見とっつきにくい名前ですが、ギリシャ語のosten(骨)+sperma(種子)で、私たち医療者には馴染みのある用語から成っています。転じて花言葉は、心も体も健康、クリニックにとって、とても大切な意味があることを知りました。

 写真右は、紫色のプリムラ。語源はラテン語のprimus(最初)で、春の訪れとともに真っ先に花を咲かせることに起因します。ぽつんと1輪の青い花は、ハナニラ。葉からニラのような匂いがするから、ハナニラ(花韮)の名があり、春に咲く星型の花ということで、英語では、spring starflowerと呼ばれます。

 私事ですが、平成元年に医師になって、ちょうど30年。あと1カ月で平成が終わるのかと思うと些か感慨深いですが、時代遅れの医師にならないよう日々精進したいと思います。


 2019年3月

 今年は一度も雪かきをすることなく2月が過ぎ、いつもより暖かな3月を迎えています。寂しかったクリニックの庭も賑やかになってきました。気がつけば、小さな花も含めて13種類も咲いています。

 クリニック玄関横では、ヒアシンスなど色とりどりの花々が皆さまをお出迎えです。写真左は、アヤメ科のクロッカスで、早春の陽射しを浴びて、季節変わりを告げています。

 クリニック北側には、こちらも早春の花、キンポウゲ科の福寿草が日の当たる時間、花びらを開いています(写真右)。「幸せを招く」とお祝い事にも用いられる縁起のよい花です。

 今月は早春のクリニックに咲く、2つの黄色い花をご紹介しました。早いもので、多くの皆さまに支えられ、3月4日で開院5周年となりました。これからも、医療と真摯に向き合い、謙虚に歩み続けたいと思います。


2019年2月

 2月に入り、早朝には、日の出時刻が少しずつ早くなっているのを実感しますが、まだまだ寒い日が続きます。クリニックの庭も、一番寂しい時期です。

 今咲いている花は、先月もご紹介した水仙と、例年雪の舞う頃に咲く、写真左の蝋梅(ロウバイ)だけです。蝋細工のような光沢のある黄色い花はとても風情があります。ご存知のようにバラ科サクラ属の梅とは異なり、ロウバイ科ロウバイ属で、旧暦の臘月に咲くことにも起因するようです。

  続けて、水仙では芸がありませんので、少し趣を変えて写真右には、クリニック南側のオタフクナンテンです。メギ科ナンテン属の常緑樹ですが、葉に霜が当たると紅葉するので、この時期の寂しい庭が少し賑やかになります。お気づきかもしれませんが、今月のバレンタインを何となく意識して、ハート形に剪定してみました。今風に言うと、「映え(ばえ)」ますでしょうか。

 お立ち寄りの際に、ご覧いただければと思います。

 


2019年1月

 新年おめでとうございます。今年も当欄をご覧いただきありがとうございます。

 恒例となった正月は、縁起物の千両、万両からと、決めていたのですが、写真左のように今年の万両の赤い実はごくわずか。淋しいので、アップで大好きなさくらんぼみたいに撮ってみました。千両にいたっては実が1つもない現状です。選ばれた漢字「災」が示すように、天災の多かった昨年の酷暑の傷跡が、新年のクリニックの庭にもくっきり残っています。

 一方、写真右は、クリニック東側に咲く日本水仙。昨年は2月末に春の訪れを告げた花ですが、今年は、初日を浴びて初春の喜びです。千両、万両の代わりに、新年のご挨拶に合わせてくれました。

 今年の漢字は、災い転じて「福」となりますように。


診療時間
求人情報

 
お電話でのお問わ合せ

ページトップ

Copyright (C) NISHINOHO ITO CLINIC. All rights reserved.